和洋女子大学

こども発達学科

みつばちクラブ

ご訪問ありがとうございます。ごゆっくりご覧ください。

プロジェクト

 このたび、和洋女子大学人文学部こども発達学科では、子どもたちの育ちの場として、2019年11月より、「みつばちクラブ」を開設することになりました。

 乳幼児時期のお子さんの様々な経験は、後の発達にも大きく影響すると言われていますが、「お友達が欲しいけど周りにいない」「我が子の発達に心配がある」など、子育てに悩みを持っている保護者の方も多いようです。「みつばちクラブ」では、そのような親子のご参加をお待ちしています。

 みつばちクラブは、お子さんだけでなく、お母さんやお父さんにとっても、きっと楽しい場になることと思います。どうぞお気軽にご参加ください。 

メンバー紹介

・金井智恵子: こども発達学科准教授・昭和大学兼任講師(医学博士)。昭和大学・相模女子大学講師等を経て、現在は主に発達障害のお子さんから大人の方など幅広い領域で大学病院等で臨床を行っています。専門分野は臨床発達心理学・臨床心理学・精神保健学。公認心理師。論文、著書、マスコミなどでも活躍中です。
・田島大輔:こども発達学科助教(子ども学修士)。東洋大学非常大学非常勤講師、文京区立お茶の水女子大学こども園で保育者としての経験等を経て、現在市川市・習志野市の公立施設等を始め、様々な研修会の講師を務めています。 専門分野は保育学。保育士・幼稚園教諭。

・こども発達学科の学生ら


お知らせ

2回目のみつばちクラブのお知らせです。
【日時】2月1日(土)10時30分~11時40分(10時20分集合)に実施します。
【対象】3歳~年長組のお子さんとその保護者の方(10〜15組)
【参加費】1回につき200円 *教材費、お茶代としてお願いします。
【場所】和洋女子大学北館6階 プレイルーム(予定)。*正門守衛所でお尋ねください。*場所の変更がありましたら、メールでお知らせいたします。
【スタッフ】こども発達学科の教員と学生です。
【プログラム】お子様と保護者の方は、別のお部屋でプログラムを実施します。*子どもグループでは、こども発達学科で保育・幼児教育を勉強中の学生が、毎回お子さんにとって楽しめる活動を用意しています。(*持ち物:飲み物、おやつ1つ)*保護者グループでは、気楽な雰囲気の中で話し合いをすることで、親同士のつながりを深め、子育ての楽しさや大変さなどについて分かち合います。
【お申し込みについて】メールまたはFAX.でお申し込みください。
メール:honeybee.wayo(アットマーク)gmail.com / FAX:042-372-1782*タイトル:「みつばちクラブ」参加申込み希望*本文の記載事項:①お子さんの氏名(フリガナ)、年齢(誕生月)、性別 ②参加する保護者全員の氏名③連絡先(住所、メールアドレス、携帯電話番号) ④お子さんの発達で心配がある場合:発達の様子 ⑤ごきょうだいの氏名(フリガナ)、年齢、性別、同伴の有無 *PCメールを受信拒否にしている場合には、下記の「お問い合わせ先」のアドレスを受信可能にしてください。
【締切日】1月28日(火)*先着順です。お申し込みが多数の場合にはお断りすることがあります。

【お問い合わせ先】honeybee.wayo(アットマーク)gmail.com (担当:村井)